前は読書も趣味だった

少し前に私は読書も趣味の一貫でした。何故読書をしていたかというと、欲しい本がいくつもあったからです。欲しい本は貯蓄の本、仕事稼ぎの本、アニメや漫画など多ジャンルが欲しいと思いました。しかし本を1つ1つ購入するとお金がかかるし、複数買うと古本屋に行っても料金がかかると思い、あえて図書館にしました。近くに図書館や市民館がいくつもあるから図書館の不便がないため、利用しました。全てが揃っているわけでもないし、小さい図書館だから数も少なかった記憶があります。小さい図書館の中で本を探す楽しさやこれから本を読む楽しさなどを覚えました。
図書館のいいところは無料で借りることが出来るし、借りることが出来る数も多いです。図書館によってはリサイクル本が無料で貰えるところもあるし、図書館によっては漫画が読めるところもあります。自宅から近いところは借りるだけのところだけれど、貯蓄の本や相続税などの本が揃っているから比較的面白い本も沢山あると感じます。
今気になっていることは、貯蓄の本です。この間見たばかりではないかと今の説明で思うかもしれませんが、これから消費税も上がるしキャリア決済も始まるし、どういう生活を送ったらいいかと感じ始めたからです。今までの本は昔の時代に向けて説明が書かれた本が多いため、早く新しい本が入らないかどうか気になっています。新しい本が出たらすぐ借りようと考えています。
私の近くの図書館には息抜き出来る大人の絵本もあります。例えば大人でも人気のクマのプーさんの本やなぞなぞの本もあります。こうした本は貯蓄の本を借りるついでに最後の1冊として借りていくと、本で疲れたときに絵本で癒したりクイズで癒したりすることが出来ます。本当はいくつも本が欲しいけれどお金の関係で図書館で我慢しています。今希望していることはもう少し広い図書館が近くにあると嬉しいです。大きい図書館に行くには少し距離がかかります。

タイトルとURLをコピーしました